TOP > 体験工房

9月の開館スケジュールについて

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

が休館日です。

9月3日(日)~9月9日(土)まで長期休館となります。

9月16日(土)は、山梨県地場産業センターかいてらすにて

秋の地場産業まつりに出店しております。 ぜひお越しくださいませ!

>>>>>>>>>>地場産業まつりの詳細はこちら

 

体験工房

体験工房

体験工房では、甲州鬼面瓦や、甲府城ミニ鯱瓦、ふくろうの置物の製作などの体験工房を実施!

大人も子供のいつのまにか夢中になってしまう粘土遊び。仕上げまで約60分というのも魅力です。

体験の様子
ミニしゃち瓦作り
鬼面瓦作り
 
ミニしゃち瓦作り
甲州鬼面瓦作り

 
●開館時間 AM9:30~PM4:30
●休館日

月曜(祝日の場合は翌日)※臨時休館あり 

●製品のお届け 制作後、乾燥・焼き上げ(約1ヵ月程度)を経て、お宅にお送りします。
(送料は別途)
●体験スケジュール ◎予約が必要です。※電話予約のみ。TEL:055-283-5870

午前の部:
10:00~11:30
午後の部:
13:30~15:00

予約時にご来館予定の時間を教えて頂けると大変助かります。

定員:A・Bコース共 20名 

※ただし、20名以上は要応談で可能です。(最大80名)


コース名
所要時間
料 金
①瓦タイル作りコース
約30分
500円
内 容
その他
瓦タイル用粘土に、好きな絵や文字を彫ります。
焼成後、会館敷地内にタイルを張ることができます。
一生の記念に!
作成後、乾燥して焼き上げます。
完成までに3週間ほどかかります。
 
コース名
所要時間
料 金
②ミニ鯱(シャチ)瓦体験コース
約60分
1500円
内 容
その他

見本を元に甲府城ミニ鯱を製作します。
型も用意してあるので初心者も安心です。
もちろんオリジナルの鯱瓦の作成もOK。

製作後、乾燥して焼き上げます。
完成までに約3週間ほどかかります。
 
コース名
所要時間
料 金
③鬼面瓦作りコース
約60分
1500円
内 容
その他
伝統工芸の鬼面瓦を作成します。
型も用意してあるので初心者も安心です。
もちろんオリジナルの鬼面瓦の作成もOKです。
作成後、乾燥して焼き上げます。
完成までに3週間ほどかかります。
 
コース名
所要時間
料 金
④ミニ鬼面瓦ペア作り 
約30分
1000円
内 容
その他
阿吽(雌雄)2種の鬼面瓦を作成します。
型を用意してあります。
手軽に伝統工芸を体験してみたい方におススメ。
作成後乾燥して焼き上げます。
完成までに3週間ほどかかります。


 
コース名
所要時間
料 金
⑤ミニふくろう製作体験コース
約30分
800円
内 容
その他

幸せを呼ぶとされる「ふくろう」の置物を製作。
型も用意してあるので初心者も安心です。
小さいお子様にもおススメ。

製作後、乾燥して焼き上げます。
完成までに約3週間ほどかかります。
 
オリジナル鬼面瓦に挑戦
鬼面瓦にチャレンジしてみたいけれど、初めてだからちょっと不安という方。
だいじょうぶ、そんな心配はいりません。
初心者用には型が用意してありますし、スタッフが丁寧にアドバイスいたします。
ここでは、順を追って簡単にご説明しましょう。
まずは、こねから。
仕上がりをきめ細かな状態にするためにも,焼き上げた後に割れを防ぐためにも大切な作業です。
力を入れて中の空気を外に押し出すように何度も行います。
こねればこねるほど,固かった粘土が手に馴染んできます。
こねる作業で抜ききれなかった空気を,机や板にたたきつけることで抜きます。
あるいは逆に粘土を机の上に置いて,板切れなどで力強くたたくようにしましょう。
粘土の表面だけでなく,内側もなめらかになるように時々こねながら繰り返したたきます。
鬼面の下絵を紙に描きます。
実物大に描いた下絵を、まずは粘土の下に敷き、土台を形成します。
ある程度の土台が出来たら下絵はそっと外し、今度はそれを上に乗せて、つくりの部分をなぞります。
その後紙を外し、バランスよく盛り上がりをつけていきます。
形を整えた鬼面本体は、角と眉,牙をつけます。
とりわけておいた粘土をまずは3つの塊に区分。
その後、1つの塊からそれぞれ左右対称となるペアをつくっていきます。
本体にくっつけたら、その他の細かい部分も道具を使って整えましょう。
平らな木ベラを使ってなでたり、手でこすったりして最後の仕上げをします。
焼き上がりにつやを出すため、最後にキラ(雲母)をふりましょう。
3~4日、部屋の中で固まらせた後、3~5日、天火に干して乾燥させたら、いよいよ釜入れです。
ガス釜に充分に乾かした作品を並べて入れます。
最初は慣らすように徐々に温度を上げてゆき、1200度まで達したらコンピュータ管理で24時間焼き続けます。
その後は少しずつ温度を下げ,930度まで下がったところで、生ガスを吹きます。
焼き上がった作品は、制作者が受け取りに来られるまで工房で保管しておきます。
なお、希望者にはお届けの手配を承っています。
その場合,備え付けの申込用紙に必要事項をご記入の上、係まで提出して帰りください。
約1ヶ月後にお手元にお届けいたします。